オフィスコーヒーの仕組み

仕事の合間に一息入れたい、そんな時に多くの人から選ばれるコーヒー。コーヒー特融にアロマの香りに癒され、休憩時間にはぴったりです。以前は自販機でコーヒーを購入する人が多かったのですが、今はコーヒーサーバーをオフィスに置く、オフィスコーヒーというサービスがあります。

オフィスコーヒーでいれた飲み物と自動販売機の飲み物の違い

オフィスで入れたコーヒー

オフィスで入れるコーヒーは専用のパックやカプセルをセットし、ボタンを押して抽出します。飲みたいときに1杯ごと作るので、香りもよく本格的な香りと味のコーヒーが楽しめるということで近年オフィスでは人気があります。

自動販売機にある飲み物

自動販売機にある飲み物は、既に出来上がった飲み物を購入する方法です。出先で飲み物が飲みたくなった時や、持ち歩きの飲み物をしたいといったときに便利なのが自販機です。出来立てのコーヒーよりは風味は落ちますが、手軽にコーヒーが飲めるということで人気があります。

オフィスコーヒーが注目されるわけ

オフィスコーヒーが注目されるわけは、まず飲みたいときに入れたてのコーヒーがすぐに飲めるという事です。専用のパックやカプセルの種類も多く、選ぶ楽しみもあります。また、オフィスコーヒーは自販機で購入するコーヒーよりも価格が安いという魅力があります。パックやカプセル1つあたりが何十円と安いものもあるので、缶コーヒーよりも断然安いです。

オフィスコーヒーを導入する利点

オフィスコーヒー

仕事中の気分転換にぴったり

コーヒーの香りにはリラックス効果があります。仕事の休憩中にコーヒーはぴったりの飲み物です。

仕事の集中力を高める

コーヒーの香りはリラックス効果もありますが、集中力を高める効果があり、仕事も捗ります。

社員同士のコミュニケーションにも

オフィスでの休憩中に飲むコーヒーは、社員同士のコミュニケーションにもつながるといわれています。

自販機よりも価格が安い

自販機で購入するコーヒーよりも1杯あたりの単価が安い為、利用しやすいという利点があります。

種類が豊富で多くの人に喜ばれる

近年は、パックやカプセルの種類が増え、コーヒーだけではなく抹茶オレやココアなどの甘い物も増えており、コーヒーが苦手な人からも喜ばれています。

オフィスコーヒーを導入するなら業者にお任せ【事前に知りたいこと】

オフィスコーヒー

オフィスコーヒーの業者を選ぶ時のコツ

オフィスコーヒーをインターネットで調べるとたくさんの業者があります。オフィスコーヒーを取り扱っている業者はどれも同じではなく、サービス内容も価格も業者によって異なり、アフターサービスの内容も異なります。オフィスコーヒーを選ぶ際はどの業者がいいのか、インターネットなどで口コミを確認し、どの業者がいいのかきちんと確認をしましょう。

オフィスコーヒー

オフィスコーヒーを導入するのにかかる費用や相場

オフィスコーヒーを導入するのにかかる費用や相場は業者によって異なりますが、マシン代やドリンク代などがかかってきます。マシン代は大きさなどにより価格が変わり、ドリンク代も種類によって値段はやはり違います。ただ、コーヒー1杯あたりは20円から120円前後になることが多いようです。オフィスコーヒーも金額がピンからキリまであるため、どのオフィスコーヒーがいいかは、インターネットなどの比較サイトを参考にするといいでしょう。実際にその業者のオフィスコーヒーを利用している利用者の口コミも参考になります。

オフィスコーヒーを導入しよう!